自分でつくる、のりもの組立て工作キット。パーツを組み合わせて自分で組み立てて完成させましょう。付属のヤスリで木を磨く→パーツを組立てる→接着する の手順で、大切に心をこめて作り上げましょう。一生懸命手をかけてあげればあげるほど、木も生き生きとしてきます。ミニホビーシリーズは小学校低学年くらいからお年寄りまで、それぞれの年齢に合わせた楽しみ方があります。子供たちがつくる組立てキットは特にお父さん、お母さんのお手伝い、アドバイスを必要とします。子供たちと一緒に作り方を考え合って、楽しい時間と空間を作りましょう。



つくってみよう!きしゃ


車輪をはめる時に、トンカチがあると便利。
B01Nきしゃ
付属品:木工用ボンド、紙ヤスリ、組立て展開図

パーツをそれぞれ紙ヤスリで磨きましょう。磨いているうちにだんだんと木肌がすべすべとしてきます。この作業をするとしないでは、仕上がった時の完成度が違ってきます。もし色塗りを楽しみたい場合も、ヤスリで磨いたほうが絵の具ののりも良くなります。 展開図をみながら組み立てていきましょう。接着は付属の木工用ボンドで。一度接着した部分はしばらくそっと置いて乾かしておきましょう。 車輪の組立てはビスを使います。トンカチでトントン、とやさしくたたきながら車輪を固定します。あんまりしっかりと奥までたたきこんでしまうと、車輪がまわらなくなるので注意!